知らずに使うと危険?!ステンレス製は電子レンジでは避けるべき理由

スポンサードリンク

温めることで便利な電子レンジですが
便利がゆえに危険な素材の容器でも使
ってしまうことも考えられますが、安


易な考えで電子レンジを利用している
と、後悔をすることになるかもしれま
せん。


ステンレス製品(金属類)を電子レン
ジで使用している場合は、なぜ危険な
のかなどを、お話していきます。

ステンレス製(金属類)のものを電子レンジで使用しすると危険



ステンレス製、金属類の容器などを電
子レンジに入れることは、とても危険
な行為です。


ステンレス製、金属類は電子レンジで
は、火災や故障の原因になりますから
使用してはいけません


アルミホイルも、危険ですから電子レ
ンジでは基本的には使うことはできま
せん。


もし、今まで電子レンジで使っていた
場合は、運よくたまたま何も起こらな
かっただけですから、今後はステンレ
ス製の容器などを使うことのないよう
に注意をしましょう。


ステンレス製の容器を電子レンジで使
うと、火花が発生し火災の原因になる
ことと電子レンジの故障に繋がります。

ステンレス製品で火災になる理由と電子レンジの仕組み


スポンサードリンク

電子レンジは、水分を含んだ食品など
を電磁波を利用して発熱させて温めた
り食品などを加熱させる調理器具です。


少し難しくなりますが、温度は分子の
運動量であり温度が高い場合は、この
運動量が多く、摩擦熱によって温度が
上がり、温度が低い場合は運動量が少
ない状態のことです。


電子レンジは、電磁波(マイクロ波)
を食品にあてて水分子を振動や回転さ
せて運動量(摩擦)を増やし温度を上
げています。


食品に含まれる水分を振動などで摩擦
を起こし、摩擦熱を発生させて温度を
上げるという仕組みですから、温めた
い食品に水分があることが大切になっ
てきます。


マイクロ波加熱と呼ばれるのが電子レ
ンジであり、食品の内部まで放射によ
って温める(加熱する)ことができる
のが特徴です。


ステンレス製品や金属製の場合、水分
子の振動を起こすための電磁波が吸収
されることなく反射してしまいます。


その反射した電磁波が電子レンジ本体
にダメージを与え故障の原因を作って
しまいます。


反射した電磁波が電子レンジ本体の部
品などに戻ることで、急激な温度上昇
を起こしたり、放電が発生しやすくな


り火花が発生することもあり、このよ
うなことが火災の原因になってしまい
ます。


このようなことから、電子レンジでは
ステンレス製品、金属類は避けるべき
もので、使用すると火災などの原因に
なりますから、注意が必要です。

電子レンジとオーブンの違い



電子レンジは、電磁波で食品の内部ま
で加熱するのに対して、オーブンの場
合は、電熱線の熱を利用して食材を加
熱しますから、電磁波のように金属類
に反射することがありません。


電子レンジでは、アルミホイルは使用
すると危険ですが、オーブンの場合は
電熱線の熱で加熱しますから、電磁波
もなく反射することもないため、アル
ミホイルを使用することができます。


アルミホイルの耐熱温度は、300度
~660ですのでほとんどの場合は、
オーブンでアルミホイルを使用するこ
とができます。

電子レンジでは水分を含む容器も使用できません



紙の製品(紙カップ、紙パック、紙皿など)
木の製品(ざる、かごなど)
竹の製品(お椀など)
漆器製品(お椀など)


これらの素材で作られた製品は、電子
レンジでの使用は危険です。


電子レンジは、電磁波で水分子を振動
させますが、水分を含む上記の素材の
容器の場合は、容器に含まれる水分に
も電磁波が作用してしまいますから、


容器の加熱による変形や場合によって
一部が燃えてしまうこともあります
から危険で使用を避けるべきものです。

まとめ



電子レンジでは、ステンレス製や金属
類のものは危険性がありますから、使
用をすることはできません。


アルミホイルも同様で、危険性があり
使用はすることはできません。


水分を含む素材の容器も、水分を含む
素材に電磁波が作用してしまうため、
危険性がありますから使用を避けるべ
きものです。


ここまでお読み頂きまして、ありがと
うございます。


電子レンジは、便利ではありますが使
用上の注意をよく理解をして安全に使
うことが大切です。


より良い生活のための一助になれるこ
とが幸いです。

スポンサードリンク