かぼちゃの皮の中の表面が白い?!点や膜のように見えるものの正体

スポンサードリンク
「かぼちゃ」を切った表面に白い点や
膜のように見えるもの、広い範囲が白
くなっているものに遭遇することがあ
ります。



料理をするときに、そのようなものを
見つけると食べて良いものか気になり
ます。

点や膜のように見える?!かぼちゃ皮の中の表面に白いものがある


「かぼちゃ」を切って表面を見てみる
と、白くなっている部分があると、傷
んでしまったのかと思い、食べること
は体に良くないのではないかと思って
しまいます。


『この白くなっているものはデンプン
 質が表面化したものですので食べて
 も問題がないものです』



「かぼちゃ」を切ると最初は水分が豊
富に含まれた状態ですが、数日置いて
おく
ことで乾燥状態になる場合があり


「かぼちゃ」に含まれるデンプン質が
固まり、白く目立つようになることが
あります。


また、白色の部分が形成される状況と
して天候の影響や流通時の温度の変化
や「かぼちゃ」に含まれる水分が乾燥
態になることでデンプンが固まり表
面化してしまうことがあります。


デンプンがカット面にたまに見られる
白い部分ですので、安全性に問題はな
く食べたことによるリスクはありませ
ん。


このデンプン質が、切った表面に薄っ
すらと広い範囲に見られる場合と、一
部分にクッキリと塊のようになってデ
ンプン質が白く見える場合と、点々の


ように見た目があまり気持ちよくなく
カビのようにも見える場合もあります
が、これらも「かぼちゃ」に含まれる


デンプン質が結晶化して固まり、表面
化したものですので食べても問題がな
いものです。

スポンサードリンク

『下処理で素早く取り除く』かぼちゃの中心のワタはカビが生えやすい



『かぼちゃの中心部にある種が含まれ
 た
ワタの部分は残しておくとカビが
 発生
しやすいものです』



「かぼちゃ」をカットされたものを購
入する場合は、種の部分(ワタ)は取
り除かれていますが丸ごと1個の「か


ぼちゃ」を入手した場合は、カットし
て種の含まれているワタの部分は素早
く取り除くことが大切です。

かぼちゃの簡単な下処理方法




丸ごと1個の「がぼちゃ」を半分に
 切ります。


半分に切ったら、ヘタの部分を三角
 形のように切り込みを入れて、取り
 除きます。


③「かぼちゃ」は2等分されてるもの
 を、更に4等分など、お好みや料理
 に合わせて切り分けます。


4等分など、お好みに切り分けたら
 種とワタをスプーンなどでキレイに
 取り除きます。


※2等分した段階で、ワタや種を取り
 除いても問題はありません。


かぼちゃの皮は栄養豊富
「かぼちゃ」の皮は基本的に食べれる
もので栄養価も多く含まれているもの
ですから、煮物などの場合は、煮崩れ
すると料理の見栄えも良くありません


が、皮つきで料理をすることで煮崩れ
を防ぐことにもなり、皮に含まれる栄
養もとることができます。

白い妖精のような印象?!かぼちゃの皮が白い品種も美味!




「かぼちゃ」のは、皮が緑色をしてい
るものが一般的なイメージですが『皮
が白いかぼちゃ』もあります。

存在感のある品種?!雪化粧と呼ばれる『かぼちゃ』



雪化粧は「西洋かぼちゃ」の一種で皮
全体の色が白い「かぼちゃ」で「かぼ
ちゃ」と言えば緑色の皮という印象が
ありますが白い皮で覆われていますか
らインパクトがあるように感じます。



一般的に市場に出回っている緑色の皮
の「かぼちゃ」のように、デンプン質
が含まれていますが、雪化粧の皮の白
い理由はデンプンによるものです


料理をする場合は、過熱をしますから
気づくと思いますが、過熱をすること
で雪化粧の白い皮が少し緑っぽく変化
します。


「かぼちゃ」の良さは、食べたときの
甘みが特徴ですが、この雪化粧もしっ
かりとした甘みを持ち合わせた「かぼ
ちゃ」で、食べてみたくなる魅力的な
品種の「かぼちゃ」です。


主な産地は、北海道、新潟などで多く
栽培をされており収穫時期は8月~9
月頃が多く、旬の時期でもあります。


雪化粧は、日持ちが通常のかぼちゃよ
りも長く3か月ほどと言われています
から、収穫後でも長い期間で料理をし
て味わいを楽しむことができます。

伯爵南京(はくしゃくかぼちゃ)と呼ばれる皮が白いかぼちゃ



この品種の「かぼちゃ」も、皮全体が
白っぽく、一般的な「緑のかぼちゃ」
をイメージしていると、強いインパク
トを感じる見た目をしています。


「かぼちゃの雪化粧」と同様で長期保
存ができる品種で、特徴は皮の色と固
い皮が特徴ですが、固い皮であること
が長期保存を実現している要因とも言
われています。


「かぼちゃ」の味の特徴である甘さは
控えめではありますが、長期熟成をさ
せることで「ホクホク」した食感が増
し、収穫後のものは「しっとり」とし
た食感のある「かぼちゃ」です。

まとめ



「かぼちゃ」の実の白く表面化したも
のは含まれるデンプンが乾燥や温度変
化などにより、固まり表面化したもの
で安全性に問題はなく、食べても健康
へのリスクはありません。



ここまでお読みいただきまして、あり
がとうございます。


「かぼちゃ」は、特徴的な甘みが美味
しく、特に煮物にすると、とても満足
をできる野菜で、栄養も豊富に含んで
いますから、積極的に食べたい「野菜
の一つ」です。
スポンサードリンク